1. HOME
  2. >
  3. 小児歯科

小児歯科

小児歯科 子供の虫歯予防、虫歯治療、歯ならびの治療などを行うところです。歯
の役割は食べ物を噛むだけでなく、発音を助けたり、口元の形を整える
役割もあります。さらに、姿勢を保つことや噛むことの脳への影響など
、全身の健康に深く関わっています。また、お子様のお口の中は日々成
長過程にあり、咀嚼や味覚などの機能を獲得していく上で大切な時期で
す。当院では、成長過程にあるお子様の虫歯の治療と予防だけでなく、
日頃の生活習慣の中で何か問題点がないかを一緒に考え、お口の健康管
理をすることで、お子様の全身の健康管理のサポートに努めていきたいと考えております。歯の生え方に
適した新しい歯ブラシを使い、実際にその場で磨いていただき、磨き方の確認をいたします。虫歯の予防
には、歯ブラシ指導(家庭での毎日の歯ブラシ)や、シーラント・フッ素の塗布が必要です。

歯みがきの話

歯みがきの話 歯の汚れを歯垢(しこう)といいます。歯の表面に付くぬるぬるとした
白い汚れです。

この歯垢の中にむし歯菌がたくさん潜んでいて、むし歯や、歯肉炎、歯
槽膿漏の原因となります。歯垢は飲食物を取る限り出来るものですので
、いかにこの歯垢を完全に落とせるかということがむし歯予防にとって
大切な要因のひとつです。

歯垢は白い汚れですので歯の色と区別がつきにくく見落としがちです。そこで歯垢を赤く染め歯の色と区
別がつきやすくする方法が染め出しです。染め出しをすることによって、保護者の方やお子さんの歯みが
きの仕方のくせがわかり、練習に役立つと思われます。ぜひ試してみて下さい。

自分一人で磨けるようになるのは練習をしても小学校4?5年生にならないと出来ません。ましてや1回
染めだしをしただけでは上手に磨けません。毎週、日を決めて練習することが上手に磨けるようになる早
道です。
歯みがきの方法
歯みがきの方法

シーラントのはなし

歯みがきの話 ■特に「六歳臼歯」に効果的
奥歯の溝のところにできるむし歯は、はえ始めから2~3年以内にできや
すいものです。 特に6歳臼歯はむし歯になってしまうことが多いのです
。シーラントとは、奥歯の溝を、むし歯になる前にフッ素を放出するお
薬で埋めてしまう方法で、特に溝が深くて複雑な6歳臼歯に効果的です
。シーラントでは歯と歯の間のむし歯の予防効果はありません。
当院は 予約制 です